育成光線サポーター

育成光線を応用したサポーターです。

育成光線サポーター

サポーター1981年NASAの研究発表から育成光線は体の深部まで浸透して熱エネルギーとなり、細胞に振動を与えて様々な動きをします。

サポーター販売価格
6,000円(税別)

ヒーター/バッテリー/充電器
※年契約 1ヶ月リース価格:2,000円(税別)

2型糖尿、足のむくみ、冷え性の方に

 

育成光線とは

生体の成長に欠かせない遠赤外線の一種です。

育成光線は、太陽光などに含まれる4~14ミクロンの遠赤外線波長のこと。目に見えず、熱をもたない波長の光ですが、生体の代謝、成長、育成に不可欠な波長部です。中でも7~10ミクロンの育成光線が主体でなければ医学的効果はないとされています。

育成光線はどうやって身体に作用するのか?

体内の遠赤外線の波長と共鳴し、細胞を活性化します。

自然界の物質はすべて遠赤外線を発しており、それが人体の発する遠赤外線の波長と重なった時に、体内の分子活動を活発にし、細胞を活性化させます。これによって、熱エネルギーが生まれて身体を内部から温めたり、リンパ液の流れを促進したりします。例えば、日光浴で身体が芯から温まる感じがするのも、遠赤外線(育成光線)の作用によるものです。